スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015 がさがさ総括

まだ夏が終わろうとしてる季節なのだが、今年のガサの総括をしとこうと思う。

もうSNS等が普及して連絡等もそっちがメインになりブログも更新が滞り
一応、データとして書き留めておくという理由で続けていこうかと思う。

まずは

今年の初春、兵庫県中部にあるⅠ水系のとある川。

生まれてすぐに当たったのか、ひと掬いで3、4匹入る。
2015nirami3.jpg

これではオーバーハング下には網は突っ込めない・・・
孵化寸前の卵があったらえらいことやし・・・

うちで飼育してるオヤニラミは、水温が高めなので早々今年も元気に孵ってくれたが
自然化のこの低い水温ではまだまだ先かと思っていたが・・・見当違い。。。

それでもストラクチャー以外のところでも捕れるところを見ると
かなりの卵が孵ってる模様。
2015nirami4.jpg

ってことで、この回は確認のみ。

それからGWにたまたま行った兵庫県西部のC水系の川。

とあるとこに観光に行って、ついついそれ“らしき”川を覗き込むとオヤニラミ発見!
2015nirami2.jpg

15分程(ほんまは30分以上かな(=^_^;=))無理言ってがさらせてもらう♪
2015nirami.jpg

アタリ~~

オヤニラミ生息川を発見!

勿論、これもリリース♪

そういえば、これも春先におこった珍事。

T氏とT氏の子供等を連れてがさりに行った時のこと、
台風後で増水後の某水路、あちこちに潮溜まりというか、大きな水溜りがでいていて
その中に本流から離れた脱出不可能な水溜りを発見!

と、その中になにやら蠢く巨大生物・・・

2015sansyouo.jpg

オオサンショウウオ~!!!

がさってるとたまに目にすることはあるが、こんな浅瀬になぜ???

察するに、先だっての台風か大雨で、この水溜りから抜け出せなくなって取り残された感がある。

すり鉢状で抜け出すには困難と思えた為、ここは救出して本流へ。

特別天然記念物であるオオサンショウウオは触るのもあかんとか、見つけたら連絡せなあかんとか
色々あるらしいが、詳しいことはわからない・・・

ハイブリットか固有種かもわからないが、とりあえず救出。

そして、尻尾が欠損してるけど
ガサで初めてヒガイをGET~♪
2015higai.jpg

と、まあこんな感じです。

ついでに、今年の神戸のカブトムシはかなり多かったです♪
2015kabuto.jpg


スポンサーサイト

春に設置したビオトープ

ネットで1000円くらいでソーラー噴水買って、なんとか滝が作れないかな~と試行錯誤(#^.^#)



中々うまくはいきません・・・

鳥取県東伯郡 三徳山投入堂

鳥取県三朝にある三徳山投入堂にいってきました。
DSCF3203.jpg

毎月何らかの事故がおきているやら、4年連続死亡事故がおきているやら
ネットで調べると恐ろしい情報が色々HITする。

前々からどうしても行ってみたかったが調べれば調べる程躊躇も・・・

まあ、とりあえず行くだけ行ってみようと現地へ。

当日は盆開けの蒸し暑い平日・・・
人はまばら・・・

せっかく来たのだからせめて三佛寺参拝へ入山料を払い入場。

すると、何人か下山してくる人の中に中学生っぽい子もまじっており
これでこんな子が行けるのなら!と登山を決意!

同行者4人、意見一致でいざ出発!!!
DSCF3186.jpg
予め、ネットで調べてきたので登山靴や軍手は用意済み。

案内看板には、観光目的の安易な入山はするなって明記してあったが
三朝温泉いっても鳥取の観光案内行ってもいの一番に案内されてるから
観光目的で来るなって言ってもこりゃ来るやろう・・・
ってことは、ちょっとは危険な箇所はあるが別段たいしたことはないやろうと
この時点では安易に考えての入山だった。

門をくぐり、道どこなん???って感じで歩いていく。
そして
DSCF3187.jpg

えっ・・・こんなん登るん・・・
そりゃ軍手いるわな・・・

前日に雨が降った為かぬかるんでいるし滑る・・・

写真では伝わりにくいが、まさに壁をのぼる感じ。
DSCF3189.jpg
DSCF3206.jpg

こりゃ落ちたらケガじゃ済まんかも・・・

ともかく、こういうロッククライミング的な道がしばらく続く。

時には壁に張り出た根っこを掴んでのぼったり
DSCF3207.jpg
DSCF3208.jpg

こんな崖をも鎖一本でのぼっていかなくてはならない
DSCF3191.jpg
DSCF3194.jpg
DSCF3195.jpg

高所恐怖症の私はとてつもなく怖い(笑)
早来い言われても怖くて仕方がない。。。

そして、第一目的地である文殊堂に到着。
DSCF3196.jpg

景色はいいが、先に軒先に行くのは怖い(笑)

ここまで費やした時間は45分、真夏の高湿度を考えればかなりのハイペース。

Tシャツからは汗がしたたり落ちて膝は諤諤・・・

正直、私はここでのUターンを提案したが、勿論受け入れてもらえず(笑)

が、きつかったのは正直ここまでで
ここからはいくつかのお堂を通過して・・・
DSCF3200.jpg

看板が登場し
DSCF3199.jpg

到着!!!

ほんまだれもが思うらしいが、いったいだれがこんなとこに作ったんか・・・

しかし、凄い達成感♪

と、ブログはここまでだが、
あの垂直な壁を帰ることの方が行きよりよっぽど怖かったということをお知らせしときます。。。

兵庫県美方郡 なごみの香風宿 さだ助

香住にある温泉宿「さだ助」に行ってきました。
DSCF3113.jpg

この宿にお世話になるのは実に20年ぶり。
前回はカニでお世話になったが今回は「イカの踊り食い」をメインにおじゃまさせてもらった。

もう20年も経つと場所も旅館も全く記憶には残ってなかったが
車を走らせナビ通りに向かうと・・・
DSCF3093.jpg

あ~~!なんとなく記憶が(*^^*)

今回はカニ程値段も張らないので
部屋は檜の風呂付き特別室を選び、食事は部屋食にチェンジして
できうる限りの贅沢をさせてもらうことに(-^〇^-)

それでもカニとは違い、大枚が大挙して飛んでいくような値段ではなく
良心的なお値段です。

お部屋は303「ざぜんそう」です。
DSCF3180.jpg

DSCF3116.jpg

食事まで時間があるのでまずは温泉へ。
DSCF3128.jpg
DSCF3124.jpg
DSCF3123.jpg
DSCF3126.jpg

加温でしたが温泉です。
DSCF3132.jpg

お盆を過ぎたとはいえ、まだまだゆうに30度を越す気温なので長湯はできませんが
それなりに楽しませてもらいました。

そして部屋に戻ると料理の用意が運ばれてきます。
DSCF3141.jpg
DSCF3138.jpg
DSCF3139.jpg
DSCF3137.jpg
DSCF3151.jpg

まず頂いたのが食前酒。
私は酒がほとんど呑めないが、ここのスタッフが作ったと明記されてる「レモン酒」なる酒、
これは呑みやすいし本当に美味しかった♪
これに影響されてか、呑めないのに梅酒を追加してしまったし(笑)

お米もこの旅館で作ってるらしく、
食事時の炊きたてホカホカは美味しいが味自体はよくわからないので
食事が終わってから一つまみだけ冷めるのを待って食べたがほんと美味しかった。

当方、お米と水にはちょっとはまっていて
今回もこっちへ来る途中に
養父で前々から気になってた「蛇紋米」と
最近はこの銘柄しか食べない「ミルキークイン」を購入してきたし
勿論、水も「かつらの千年水」を汲んできた。

帰って食べるのを楽しみにしていたが
まさかここでも美味しい白米を頂けるとは(^○^)

そして今回メインとなる「白いか姿造り」が運ばれてきた!!!
DSCF3143.jpg

大きい!!!
500gはあるかな???

以前、とあるとこで食べた白いか姿造りはほんと全体で手のひら程しかなく
それで結構な値段取られたので不安はあったのだがこれを見て大満足♪

DSCF3144.jpg

比較対象がないが、この画像だと多少わかるか?
もう今にも飛び跳ねそうだったし最高のイカを提供してもらえた感♪

この夏の悪天候で、漁に出れなければ、水揚げがなければイカは出ないとなっていたので
毎日不安だったが、ほんと美味しく頂かせてもらった。

耳や足なども後から捌いてもらい・・・
DSCF3153.jpg

もう食いきれんぐらいで大変美味しかった♪

食後、また温泉へ。
DSCF3173.jpg

最後は部屋の檜風呂にも入って・・・
DSCF3166.jpg

リクライニングで1時間程爆睡(笑)
DSCF3168.jpg

朝食も大変美味しかったです
DSCF3182.jpg
DSCF3184.jpg

今度はカニシーズンに来たいと思います♪





滋賀県犬上郡 河内風穴

滋賀県多賀にある河内風穴に行ってきました。
fuketu1.jpg

ここのところ、

岐阜の関ヶ原鍾乳洞

兵庫の生野銀山

と、鍾乳洞だか銀山だか洞窟ネタが多いが、決して洞窟マニアではない(笑)

今回は醒ヶ井に行った時にたまたまこういうのがあるって聞いたので
まあせっかく来たのだからということで行くことに。

醒ヶ井あたりから湖東三山方面を目指し山の中へ車を走らす。

すると数件の集落が出てきて到着。

駐車料金400円と入場料大人500円を払いいざ・・・入穴???
fuketu3.jpg

ん???山道?
けどこっちって表示がある・・・

fuketu4.jpg
fuketu5.jpg

う~ん・・・登山?ハイキング??

fuketu6.jpg
fuketu7.jpg

凄い綺麗な川が出現!
水は物凄く冷たくて気持ちいい♪

けど穴はない・・・

案内ではまだ先らしい・・・

そこからちょっと急な山道を登る。
結構急勾配。

そして・・・

fuketu10.jpg

何やら入口らしきところが!

fuketu11.jpg

狭っ!
フリーバーズやったらゴディだけ入られないくらいの狭さ(笑)

それに凄い冷気(><)

私は狭いとこはあまり好きではないのでちょっと躊躇するが突入!

fuketu12.jpg
真っ暗闇が

fuketu13.jpg
徐々に視界が開けてきて

fuketu14.jpg
おおっ!だだっ広い空間に!!!

fuketu15.jpg
入口方面を写すとこんな感じです。

その大広間を抜けるとまだまだ道は続きます。
fuketu16.jpg
fuketu17.jpg
fuketu18.jpg
fuketu19.jpg

急勾配、頭を下げないと通れないところなど
関ヶ原や生野銀山より本格的でおもしろいです。

そして
fuketu20.jpg

階段が出現!
これがまた急勾配で階段は滑るし結構怖い。

そして上にのぼると・・・
fuketu22.jpg

行き止まり・・・

金網越しに先を見るが何も見えない
fuketu21.jpg

何でもここの穴に犬を放したら、三重県の伊勢から出てきたとか。。。

神話にしてもこういう話は好きです。

ここで終了。

人も少なかったってこともあるだろうが
かなり楽しめた河内風穴でした。

京都 祇園祭(宵山)

日本三大祭の一つ、京都の祇園祭(宵山)へ行ってきた。
hitogomi.jpg

18時から四条通周辺が歩行者優先道路になるとのことだったので
17時頃から周辺をぶらぶら。。。

今年に入ってから、京都には頻繁に遊びにきてるので
これと言った目新しさもないが錦市場周辺を散策。

それにしても暑い(~ ~;)

気温は余裕の30度超えに、この大勢の人混みで体感温度はそれ以上・・・

はっきり言って、こういう人混みは大嫌いで、
18時を待たずに、山鉾も見ずにもう帰りたいモード・・・

そしてやっと18時になり歩行者専用道路となり、山鉾を見に人の群れの後に続く。

四条から烏丸方面へ。

まずは長刀鉾なる山鉾が出てくる。
cyoto.jpg

だんじりの地車を想像していたが、はるかにでかい!

そして月鉾
tuki1.jpg
tuki2.jpg


船鉾
fune1.jpg
fune2.jpg

岩戸山
iwato1.jpg
iwato2.jpg

こういう鉾が町のいたるところに出ており
これを順番に見ていくのだが、恐ろしい程の人混みと熱気に
3つ、4つ見てまわっただけで暑さと酸欠でダウン寸前(;-_-;)

そして縁結びで有名な保昌山に到着。
hosyo3.jpg
hosyo2.jpg

ここの参拝?は女子率が高く、若い???女性だらけ!
DSC_0902.jpg


流石に縁結びで有名なだけあって、群がるようにちまきを購入している。

そして白楽天山
hakuraku.jpg

鶏鉾
tori.jpg

山伏山
yamabusi1.jpg
yamabusi2.jpg

あとなんやかんやで4、5鉾見てまわったが
もうバテてバテて写真を撮る気力も失せる・・・(;-_-;)

そして涼を求めて大丸へ。
大丸の中でもこのように山鉾のミニチュアが展示されている
daimaru1.jpg
daimaru2.jpg

そして体力を復活させ、今度はライトアップされた山鉾を見て廻ろうと試みるが
DSC_0910.jpg

また更に人出が増えた四条通りになすすべなく、
目の前の山鉾だけを見て撤収。。。

巡行はまたいずれ機会があれば。。。

疲れた~~~~~(´。`) ツカレタ・・

滋賀県米原市 ふたたび醒ヶ井の梅花藻

再度、醒ヶ井の梅花藻を見に行ってきた。
same2.jpg

前回はちらっとしか見れなかったので
今回は醒ヶ井宿場町の方までじっくり足を運んでいた。
same1.jpg
same3.jpg

今回は満開とのことだったが、実際は6分咲きだそうで
まだほとんど花は見れなかったが
それでも所々、綺麗な花を咲かせている。
same13.jpg
same14.jpg
same15.jpg

加茂神社の下から居醒の清水という、この地蔵川の源泉が湧き出ており
これがなんとも不思議な光景で驚かされる。
same9.jpg
これが源泉。

なんでも、雲仙山から降り注いだ雨が長い年月をかけて
この麓から湧き出てくるらしい。

same10.jpg
same6.jpg
same5.jpg
same7.jpg
same8.jpg

道中には美術館や
same4.jpg

問屋場なる資料館などもあり
same17.jpg

所々、観光地感を醸し出している。

もちろん、ハリヨも健在♪
same11.jpg

same12.jpg

今回はじっくり見れました♪

問屋場の中には水槽で展示しています。
same18.jpg
same19.jpg

丁子屋というとこには、梅花藻ソフトなるソフトクリームもあり、思わずGET♪
same26.jpg
same27.jpg

味はまあ草っぽいというかなんというか・・・

ついでに「名水まんじゅう」なるものも購入し食してみましたが
こちらは美味しかったです♪
same28.jpg

十王水
same20.jpg
この水もどっから流れてきてるんだ~って感じです。

西行水
same30.jpg
same29.jpg
これは民家の真裏。
普通に水が湧き出てました。

same24.jpg
same25.jpg
ニジマスも養殖なんでしょうね~いっぱいいてました。

same21.jpg
same22.jpg
same23.jpg

ほんま綺麗なとこです。
7月19日からは夜間ライトアップも始まる模様。

パンフにも記載されてましたが
ほんと「癒しの水空間」という言葉がぴったりの場所でした。

兵庫県神戸市 そば切雪月花

神戸市北区にあるそば切雪月花へ行ってきた。
sobakiri11.jpg

店内は8人掛けくらいの大きなテーブルと4人掛けテーブルが2つ。
sobakiri2.jpg

古民家を改造したような趣のある店内です。

この店は江戸前蕎麦らしく、あまり食べたことないので興味津々です。

今回はせいろと山かけを注文。
sobakiri3.jpg

江戸前だからか、この店だからか、
蕎麦がコシがあるというかなんというか、固い・・・
最初はインスタントラーメンの湯がき不足って感じだったが
食べ続けるとそんな安っぽい表現でなく
蕎麦の味がしっかりしてる味に変わってきた。

美味しいかどうかはわからないが、関西ではあまりないように思う。

sobakiri4.jpg

蕎麦湯も頂き・・・

sobakiri6.jpg
sobakiri7.jpg

珍しく、そばがきもあったので注文。

決して美味くはないが・・・

関西では珍しいお蕎麦やさんです。
お客も引っ切り無しにやってきますし人気店のようです。

sobakiri5.jpg

滋賀県米原市 伊吹野そば

伊吹山山麓にある伊吹野そばへ行ってきた。
DSCF2677.jpg

ibukino1.jpg

しかしまあ最近このあたりまでよく行く。
自宅が西宮ってことを考えればめっちゃ遠いが
色々用事も重なり遠路はるばる行きまくっている。

その為か、毎回汲めるので、名水「泉神社」の湧き水が、我が家では長い間潤っている。
samegai17.jpg
samegai18.jpg

この名水を使った蕎麦屋があると聞いて、今回はその「伊吹野そば」へ突撃。

地元民の話では、注文してから蕎麦を打つとのことなので
綺麗な水とプラスして、物凄いハードルが高く設定されての来店になった。
更に日本そば発祥の地ということらしい。

店内はだだっ広く、天井が高く、席間隔を広く凄いゆったりとした空間。
ibukino2.jpg

注文したのは天ぷらとおろし。
ibukino3.jpg
ibukino4.jpg
ibukino5.jpg

蕎麦は白そばっぽい淡白な蕎麦。
味はまあそないインパクトはないが、
綺麗な水で作られているという先入観と、打ちたてってことで美味くは感じる。

てんぷらの野菜はやっぱりそれなりに美味しい。
大根が甘いのが◎。

まあけどちょっと値が張る。

最近、古民家とかで蕎麦屋を開業してるとこが多いが
どこにでも共通して言えることが高すぎる。

最初は物珍しさと場所代で行くものの
やはりわざわざ遠くまで高い金払っていく程のものか?
との疑問でリピートすることがほとんどないのが昨今流行の古民家蕎麦屋。

ここは古民家ではないものの、やはり場所代?や直打ちをしてるだけあって
それなりの金額。

また食べたいなあと思う味だが
決してリーズナブルではないのでリピートはないかな・・・

兵庫(三田市)パン屋巡り

今回は三田市周辺のパン屋を巡ってきた。
sandapanranking.jpg

まずは「Refrain」
refrain2.jpg

実はここ、大阪天神橋周辺のパン屋巡りをした時に
催事で出店してた時に購入したことはあるが
その時はパンがほとんど残ってなくて評価してなかった店。

今回は併設されたパンバイキングのイタリアンレストラン?が有名らしく
それを目的に行ったが、
平日の昼間、おばはん率が強烈で(笑)満員だったこともありあえなく断念。
で、パンだけ購入。

refrain1.jpg
refrainmeron4.jpg
refrainmeron5.jpg
refrainsio6.jpg

全体的に菓子生地パンは甘みがきつくなく美味しかった。
フランス生地はクープにやや難ありか?
けど、味は◎。
白い北海道なんとかっていうメロンパンもこってり感なく食べやすかった。
塩は今流行なのでこんなものか?

続いて「ブルーベル」。
bluebellmise.jpg

道場南口近所にあります。
いつできたのか、去年はなかったはずだが・・・

bluebell1.jpg

まず目を引いたのが、斬新なラスク。
メロンパンをそのままの形でラスクにしていて
ラスクはあまり好きではないが、そのシルエットだけで購入。

高菜パンなるパンも物珍しさで購入。

ラスクは見た目感ほど味に特徴はなかったが
残ったパンをラスクに~って感じではない所が買い。
高菜パンも意外にマッチングするんやなあと関心。
種類がもう少しあればなあと。。。

続いて「穂の薫」
honoka2.jpg

新三田駅前にあります。

honoka1.jpg

子供が喜びそうなかわいらしいパンが多い店。
味云々はさほど突出するものは感じられなかったが
小さい子がいればぜひ連れて行ってあげたいお店。

続いて「パンプキン」
panpkinmise.jpg

場所はちょっと説明しにくいので
兵庫県三田市南が丘1-50-6

panpkin1.jpg
panpkinyasai.jpg
panpukintwist.jpg

ここは何度か利用したことあるが今回はイートへ。

ここの売りの「三田牛すき焼きパン」
ケンミンショーで取り上げられてから人気に火がついたらしく
予約しないと手に入らないとか品切れ続出だとか言われてるが
2度食べた当方から言わせてもらうと
そんなにたいして美味くはない。踊らされてるだけ。
それに具材に金かかってるか知らないけど、高すぎる。

けどここのパンはそんなすき焼きパンより美味しいパンが揃っている。
だから何度もリピートしている。

あんまりフューチャーされてないが、クロワッサンがかなり綺麗。
良い職人さんがいるのだろうと思われる。

続いて「リゼック」
rizac3.jpg

フラワータウン駅の住宅街にあります。

rizec1.jpg

ここで目を引いたのが蜂蜜入り生クリーム食パン。

生、焼きともにそないどぎつい蜂蜜や生クリーム味はしない。
けど食べやすいソフトな生地。
あとは撮影前に食べてしまったが
クリームや惣菜の下味に工夫が見られました。

続いて「オーパンジンク」
zink3.jpg

けやき台の住宅街にあります。

zink1.jpg
zinkcerry1.jpg

今回三田をまわって1番美味しかったパン屋がここ。
実はここ敷島の関連会社か?。
それがロードサイド店として本格的にやってるパン屋なのでそら美味いはずだ。
豚バラフライもマウンテンも生地も具材もかなり美味しかったです。

そして今回は全店でクリームパンを購入。
「Refrain」
refrainkuri.jpg

「ブルーベル」
bluebellkuri.jpg

「穂の薫」
honokakuri.jpg

「パンプキン」
panpkinkuri.jpg

「リゼック」
rizekuri.jpg

味は好みもあるのでどうこうは言わないが
クリームパンが不味い店は続きません。
プロフィール

えーす

Author:えーす
兵庫近隣県の食べ歩きと
暇な大人の行楽を
紹介してます。
旅行、温泉、オヤニラミ捕り、
コロ鯛釣りなど
シーズンによってメインが変わって生きます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。